20年以上借金の怖さを常に感じた話とペットの可愛さ

20年以上借金の怖さを常に感じた話とペットの可愛さ

友達が消費者金融でキャッシングをしてから人生が激化していました。

 

 

 

 

消費者金融は借りる理由を間違えれば、人生を狂わせる脅威にもなることを忘れてはいけない。

 

 

20年間我慢してきたペットをついに飼ったのだから多少その話題を振りまいてもいいですよね?周りには行っていないので、こうやってネットに書いているだけです。

 

 

 

 

もう可愛くて、念願のペットだったもので最初はお世話ができるか不安だったのですが、思い切って良かったなと思います。飼ったのはジャンガリアンハムスターのパールドワーフです。

 

 

 

初めての飼育でしたが、部屋の中で仲良くやっています。

 

 

 

最近では、職場にコピー用紙が入っている段ボールをもらっても良いかと許可を取り、そこにハムの遊び場を作ってあげました。

 

 

 

昨日夜な夜な作り、今までためていてティッシュ箱や牛乳パック、トイレットペーパーの芯を使ってちょっとしたお部屋を作りました。ケージを掃除する時にどこかにどいていて欲しいので、砂場も入れて楽しくなればなという思いからです。

 

 

 

ただ、ここに入れた時の反応もみたいので今夜お散歩させてあげようか迷い中です。どうしているか見たいがためにケージの掃除ができないといけないので。

 

 

 

 

よその子の画像なんかを見ると皆さん結構お部屋の中を散歩させているのか、座布団や本に挟まっている画像を見かけます。

 

 

 

私も段ボールで囲いを作ってそこで遊ばせてみたのですが、早くケージに戻りたいアピールをしたのであまり楽しそうではありませんでした。

 

 

 

 

ケージに自力で好きな時に戻れる空間を作ったら、満足してケージに戻って行った様子からもあの子はケージで安心してくれているんだなとわかりました。それはそれで良いことですよね。写真もたまりにたまって毎日見てます。待ち受けにもしてます。冬は冬眠しないよう目一杯温かくする工夫を施さなければと今からグッズを狙っています。ネット通販の出番ですな。

 

 

 

借金返済で迷った場合にはこちらを参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

 

結婚し専業主婦となった女性なら誰でも経験があることだと思うのですが、自分の自由になるお金が少ないという事です。

 

 

 

父親の収入で母が家計を賄っていた独身時代とは違い、主人の収入で自分自身が家計を賄わなければいけない立場になり、どのくらいお金を使えるのかわからなかったです。

 

 

 

 

 

食事の準備も完璧に出来る方ではなかった為、最初はそうしてこんなに食費がかかるのかわかりませんでした。そうこうしていくうちに、主婦力がつくとともにとってもセコい性格になっていきました。

 

 

 

いつも生活費として使えるお金が極端に少ないような気がして、スーパーに行っても定価の物は極力買わないようにし、夕方の値引きの品を目がけて買い物をする毎日が続きました。独身の友人との食事代や買い物も、独身時代はリッチなものを食べ、遊びに行く毎に服を購入していたりしました。

 

 

 

 

 

それなのに、早くに結婚した私は独身の友人がおしゃれな流行りの服を着ているにもかかわらず、自分の服を自由に購入するお金もないのです。それどころか、独身時代に購入した化粧品を底をつくまで使い切り、次購入する化粧品は今までなら絶対に買わなかった安価な化粧品を購入していました。

 

 

 

 

 

 

自分のお金でない主人の働いたお金で自分の服や化粧品を買うことにとても罪悪感がありました。主人の稼いだお金は私の物ではないと思ってしまうからです。主人は要るものは買ってもいいよと言ってくれていましたが、贅沢をするような気持ちになり、自分の服を買うくらいなら美味しい食材を購入したほうが主人は喜ぶと思ってしまいました。

 

 

 

 

 

たぶん独身時代から私の事を知っている友人や、両親は私がセコくお金を使わないようにしていることを分かっていたと思います。今では、主人の給料も上がり自分も子供が大きくなり自由な時間が出来パートに出ることが出来ています。

 

 

 

 

でも、セコい性格はすぐには直るものでもなく、主人が1,000万以上の年収があるにもかかわらず、値引の品ばかり購入してしまいます。